1月例会および1月研修例会について

Total
0
Shares

◆1月例会 会員交流事業◆

サーキットでの集合写真

 令和4年1月23日(日)、オートパラダイス御殿場にて1月例会会員交流事業「ダーヤマ韋駄天CUP冬の陣」を開催いたしました。
 本事業の目的は、モータースポーツであるカートを通じて会員相互の交流を図ることです。当日は検温、消毒、マスクの着用等感染症対策を万全に行いながら21名のメンバーが参加いたしました。

 初めてカートに乗るメンバーも多く、最初は間近で見るスピード感に緊張している様子も見られましたが、事前にドライバーミーティングをしっかりと受講し、いざ練習走行をしてみると、普段は味わえない爽快感にとても気分が高まっているようでした。
 その後は6チームに分かれ、1時間の耐久レースを行いました。レースが始まると、全員が真剣な顔つきになり、リーディングボードに食い入るように観戦しておりました。
 コロナ禍で、メンバー間の交流がなかなか深められない昨今ですが、このような機会を大切にしながら今後も邁進してまいります。

◆1月研修例会「時代の変革期における理念浸透型組織のつくり方」◆

 令和4年1月27日(木)、オンラインにて、1月研修例会「時代の変革期における理念浸透型組織のつくり方」を開催いたしました。

当日設営メンバー

 年明けから、オミクロン株を起因とした新型コロナウイルスの第6波が全国を襲い、我々中小企業は大きなダメージを受けています。そのような不安定な経済状況の中、時代の変化に対応していくための事業が必要と考え、アチーブメント株式会社 横浜支店長 原田周平様を講師にお招きし、グループワークを交えながらの講話を行っていただきました。

講師の原田周平様

 講話の中で「理念経営の本質は経営者の人生理念であり、目的と目標を明確化し、一貫した理念を掲げることで外部環境の変化に影響されない盤石な組織を作ることができる」ということを学びました。この苦境においても、考え方を前向きにしてくれる研修だったと感じます。
 また、近隣青年団体の東部維新塾から、三島YEG、富士吉田YEG、清水町商工会青年部の方々にも有志でご参加いただき、沼津YEGメンバーとともにグループワークを行いました。

 青年部の目的でもある交流と研鑽を積むことができ、とても充実した例会となったと感じます。

新入会員募集!-青年部で一緒に活動しませんか?-

YEGとは…Young Entrepreneurs Group=若き企業集団

 青年部では、常時新入会員を募集しております。
 若手経営者・後継者・社員などのメンバーは、毎月の委員会活動を通して、自己研鑽と仲間との絆を深めています。また定期的に開催する例会は、普段できない経験が出来たり、セミナーで得る知識などを自企業の発展に活かす貴重なチャンスになります。
 また沼津夏まつりなど様々なイベントへの参加・協力も積極的に行なっています。地域貢献や人脈の拡大を通して、沼津を知り、沼津愛を育む。そんな活動も多々行っています。
 その他にも、ゴルフやサッカー、野球、釣りなどの同好会活動もあり、メンバー同士も楽しめる場も豊富。自企業の発展、沼津の商工業発展の為に一緒に活動しましょう。多くの方の参加をお待ちしております。

<お申込み・お問い合わせ先>
沼津商工会議所青年部事務局(沼津商工会議所経営支援課)まで
TEL:921-1000
FAX:921-1105
E-mail:mail@numazu-cci.or.jp

Total
0
Shares

004-㈱ははごころ 寺地咲子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You May Also Like